『勤労感謝の日』は凄い日だった。



『勤労感謝の日』



こんにちは!オガイアです!


11月になると『勤労感謝の日』がありますが、
正直、恩恵を授かった記憶が、、、


そのうえで『新嘗祭』(にいなめさい)と聞くと
グッと神々しさが増しますが、聞いたことは
ありませんか。




《勤労感謝の日》


日本国民の祝日である『勤労感謝の日』ですが、
勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに
感謝しあう事が趣旨となっています。


もともとは、農業の国だった日本は五穀の
収穫を祝っていたのですが、それはいわゆる
『神事』でもあったのです。


戦後、GHQの100年政策の一環として、神事でもある
『新嘗祭』は天皇行事であるとして改められました。


それがなんだかモヤっとする言い回しになって
『勤労感謝の日』となったのです。



《新嘗祭》

日本の神話はご存知ですか?古事記のことですが、
神話に出てくる太陽神「天照大御神」と全ての神々に
お供えをして、天皇陛下が自らその年の穀物を
お供えして天皇陛下も一緒に食事をします。


この時、皇居の神聖な場所から
伊勢神宮をご遙拝になられます。


つまり、新嘗祭は天皇陛下が五穀の収穫を感謝する
いわば『スペシャルゲスト神様とのお食事会』です。




《まとめ》

では、なぜ11月23日なのでしょうか。
旧暦と新暦との兼ね合いもあるのですが、


旧暦では11月2番目の「卯の日」が新嘗祭と定められて
いました。そして新暦になり、誤差が生じてたのですが、


同じように新暦11月2番目の「卯の日」が、
たまたま11月23日だった、、ということだそうです。


そして11月2番目の日は「中卯」(なかう)と言います。
(飲食チェーン店でありますね、、w)


11月2番目は中旬で旧暦の「冬至」なのです。
冬至は太陽の力が弱くなるのですが、逆にこれから
強くなり始めるタイミングでもありますよね。


太陽神天照大神の子孫、天皇陛下が
太陽の力を受け継ぐタイミングでもあるのです。


つまり、その時に新しい穀物を食すことで、
新たな力を得るという意味合いもあるそうです。


なんだか、壮大ですよね、、。
そんな事も知らずに我々は『勤労感謝の日』
いつもように過ごすのはなんだか勿体無い氣がします。


今年訪れる11月の『新嘗祭』を意識してご飯を食べると、
より一層、ご飯が美味しい時間になるのではないでしょうか。



本日も最後まで
ありがとうございます!




参考資料;
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%A4%E5%8A%B4%E6%84%9F%E8%AC%9D%E3%81%AE%E6%97%A5