世界初! じゃない?インスタント麺の歴史


『ハラヘッター』


こんにちは!オガイアです!


と、家を探ってたら、ありました!
「シーフードカップヌードル!」


なんとかこれで仕事が続けられる!
しかし、カップヌードルって
今じゃ似ているのはたくさんあるけど、
独特ですよね、、。




《世界初!じゃない?》

インスタントラーメンの元祖といえば、、
ひよこちゃんでおなじみ「チキンラーメン」


カップヌードルはもっと後の話だったんですね。
オガイアはカップヌードルが先かと
思ってました、、、。


それを踏まえて1958年発売の「チキンラーメン」
世界初と巷では言われているようですが、


実は世界初ではないそうです、、。
それより前の1955年「ベビースターラーメン」
おなじみの「おやつカンパニー」


「広東麺」としてすでにインスタントラーメンを
開発、発売していたのです!



《ベビーラーメン》

1958年「チキンラーメン」が日清から発売されたあと、
「ベビーラーメン」「現おやつカンパニー」が発売。


その元ネタはインスタントラーメンの製造時に出た
麺の「かけら」なんだそうです。これを従業員の
おやつ代わりに配布したら大ウケ!商品化へ。
ちなみに「ベビースターラーメン」は後発組です。



が、しかし、、、、




《さらに2年前、、、》


1953年当時「村田製麺所」という会社もインスタント
ラーメンを開発している。みんな知らなかっただけ?
実は製法の問題なんだそうです。


日清は特許の「瞬間油熱乾燥法」一方、他の会社は
「天日乾燥」で既存の方法だったそうです。


そういった意味では世界初「瞬間油熱乾燥法」
取り入れた日清「チキンラーメン」
世界初でも間違いは無いともいえそうです。



《まとめ》



最近、東南アジア発のカップラーメンも多いですよね。
カップヌードルも海外発の逆輸入メニューが
人気ですが、かなり美味しいと思います。


とはいえ、オガイア的にはどちらかというと、
「非常食」的なポジションでお世話になってます。


塩分も多いので食べ過ぎにはご注意くださいね。
(置きすぎた、、スープが消失している、、^^;)


本日も最後まで
ありがとうございます!





参考資料;
http://www.m-a-p-s.biz/entry/bebiystarramenrekisioyatukanpany